ライン

ライン

写真業界の営業マン事情とは?

私は過去、写真業界の営業マンをしていました。個人・法人経営の写真店に印画紙や現像液などを販売する仕事でした。私が入社した当時、私は業界のことについてほとんど知識がなく、あれよあれよという間に営業所に配属されていたという感じでした。なので、後から知識を覚えるのに非常に苦労した経験があります。

さて、写真店向けの営業ということで、まず必須条件なのは運転免許。できればマニュアルの操作に慣れておきましょう。私の配属先はマニュアルだったのでオートマしか運転したことがない私には苦労でした。

次に、こう言ってはなんですが、写真業界は斜陽産業であり、経営者も一癖も二癖もある人が多いです。基本的に大手の写真屋さんが入っているところに入っていき、取引先を変えてもらうようにするのが私の仕事でした。新規飛び込みも日常的にあり、一から関係を築かなくてはなりません。同じ業界とはいえ、担当ではないところにいきなり飛び込んで営業するのですから、緊張感は半端ではありません。

どの営業でも言えることだと思いますが、話を取り合ってくれないところが大半ですので、叩かれても追い払われても笑顔で「失礼しました!」と挨拶ができる人、精神が鈍感な人、そして長時間に渡る車の運転が苦ではない人が向いています。

海外営業キャリア採用 | 写真業界 | CATV | レジ販売 | 人材派遣 | 通販商材 | 自動車販売
Copyright (C) 海外営業のキャリア採用 | 求人を探す方法. All Rights Reserved.